最近では

東京の斎場探しならこちらを活用してみませんか?|東京葬儀場ガイド

最近では、葬式や斎場のことについて、ご自身で事前に相談に行ったりする人も増えているそうですね。

以前までなら「生前に相談に行くなんて縁起が悪い」とか、もしも相談に行く人が本人ではない場合「失礼だ!」なんてお叱りを受ける場合も多かったと言われていたので、とっても不思議に思われるかもしれませんが、今は違うんですよね。それは数年前のあの大きな震災などが起こった場合、病気などで余命がわかった場合などは残される家族の負担を減らしたいと思うのは当然のことなのかもしれません。
また、事前にお葬式の形式や料金、斎場の種類などがわかって入ればそこから具体的なイメージが持てますし、相談することで相場なども知ることが出来ますもんね。そう考えると「いざという時を考えての安心感」のための納得の仕方なのかもしれません。

そういった「事前相談をする人」であれば、多くの情報を知る機会も多くなるとは思いますが、すべての人がそういうタイプの人ではありませんよね?

中には急に最愛の方をなくされて深く悲しみにくれる方も多いと思います。そもそもお葬式というのはどういうものなのか?どうして斎場って色んな種類があるのか?普段考えることがなかなか無いからこそ、知りたい!と思った時の反動って大きいのかもしれません。

特に、人間というのは生きている間に必ず「死」というものと直面するものだと思います。私達も生きているからにはいつかは死が来ることをわかっていなければなりません。変な言い方かもしれませんが「受け入れる」事として、斎場やお葬式の手順であったり、やってはいけないことなんていうのを知っておいたほうが良いのかもしれません。
また年齢を重ねていくうちに度々そういった場面に「参列」する立場としていかなくていけないかもしれません。そんな時に「何も知らない」というのはかっこわるいですし、何より故人に失礼なんじゃないかな?と思ってしまいます。